面接の時に腹の立つことを聞かれたら

育児と仕事との両立方法を面接で具体的に伝える事は重要です

子供のいる人が就職をする場合には、育児と仕事との両立を考えなければいけません。特に手のかかる年頃の子どもがいる場合は重要なことになります。その点に関しては採用する企業側から見ても気になるところになりますから、採用担当者としては確認をしておきたいと考える場合があります。特に女性の場合は、育児と仕事との両立をどのようにやっていくつもりなのかということについて面接で質問をされるということもあります。ですから、そういった質問を受けた場合にどういった答えをするのかということを考えておかなければいけません。

答えとしては、問題ありませんということをただ伝えるだけでは弱いと言えます。大切なことは具体的な方法を伝える事です。こういうことが起こった場合には、こういう対応をすることになるので、仕事に影響を与えることはないという具合に具体的な方法を伝えるということです。そうすることによって、事前にしっかりと考えたうえで応募したということを伝えることができます。それによって、採用担当者も仕事と育児が両立できるかどうかということについて検討をする必要がなくなりますので、育児があるということが採用にマイナスの要素になるということを避けることができます。