面接の時に腹の立つことを聞かれたら

就職の面接で良く聞かれる質問

転職の面接で良く聞かれる質問は、まず、前の仕事をどうして辞めたのかを聞かれます。その人がどうゆう所に不満を持つのかを知るためです。次に、志望動機を聞きます。どうしてこの会社を選んだのかを聞くためです。それから、自己PRを質問します。どうゆう特徴を持った人なのかを知って、入社後に戦力として働いて貰う事が出来るのかを判断するためです。そして、入社後どのような仕事をしたいのかを聞きます。自分の会社の事を詳しく知っているのかチェックしたり、本人のやる気を見たいからです。

他の会社の面接を受けているかどうかを聞かれます。自分の会社がどの位置付けなのかを知りたいので、正直に答えて貰った方が良いです。また、仕事で失敗した事を聞かれます。失敗した事でどうゆう事を学び、ミスを無くすためにどのような対処を行ったかなどを聞くためです。他にも、会社の支店が複数ある所は、勤務地の希望を聞きます。もし、他の勤務地に行って欲しいのに、引越しがどうしても出来ない状態なら内定を取り消す可能性があるからです。

最後に何か質問はありますかと聞きます。相手に、こちらからの質問は終わりですと言う事を伝えたい時に使います。面接官に色々な質問をすると入社したいと言う気持ちが伝わるので、最後のアピールを行った方が良いです。