面接の時に腹の立つことを聞かれたら

面接で伝える経歴は短くまとめておくことが重要です

面接では、経歴について質問をされることがよくあります。その際に注意をしておくべきことがあります。それは時間です。正確に丁寧に答えるということは非常に大切なことになりますが、いくら時間を掛けても良いという訳ではありませんので、短い時間で重要な部分を余すところなく伝えるということが大切になります。

経歴については、提出書類の一つとして職務経歴書を作成している人は、ある程度頭の中は整理されていると思いますが、紙に書いて提出する場合と、口頭で質問されたことに対して答える場合とでは同じではありません。大体頭に入っているという程度の状態で面接を受けてしまうと、現場で混乱してしまったり、大切な部分を伝え忘れてしまったりすることがよくあります。そういった事態を避けるためにも事前に整理をしておくことが重要になります。その際には、あまり長くなり過ぎないということを意識してまとめておくことが大切です。短い時間では伝えきれないと感じる場合は、選択をする必要が出てきます。選択をする方法としては、伝えたいと考えていることに優先順位を付けて、優先順位の高いものから順番に話の中に組み込んで全体を構成するという方法が良いです。

求人・就職・転職・求人のオススメサイトをご紹介します★