面接の時に腹の立つことを聞かれたら

面接の時にブランクをことを聞かれたら

失業や病気などで、自分の経歴の中に仕事についていないブランクの期間がある方もいます。面接でブランクのことをたずねられたら、できるだけネガティブなことは言わない方が良いでしょう。正直に答えるのは悪くないのですが、やはり悪い印象を与えてしまいます。特に失業のことは避けた方が無難です。失業でブランクがあったら、資格取得のために勉強をしていたというのが良い方法です。たとえ勉強をあまりしなくても、勉強に取り込んでいたということで、面接官に良い印象を与えることができます。病気でブランクがある場合も、病気のことは言わない方が良いでしょう。理解してくれる面接官もいますが、病気のことを言ったら、その会社の仕事ができないのでは、と思われてしまいます。

人間なので、仕事ができなかったブランクの期間があるのは悪いことはではありません。しかし、どの企業も自分の会社の力になってくれる人材を求めているので、マイナスの印象を与えることは、できる限り避けた方が良いです。どうしてもブランクの期間について話すことになったら、その期間を通して自分が学んだことをアピールしましょう。例えば、病気の時に多くの人に支えられて、人の思いやりや人の優しさ、健康の大切さに気付いたと言うようにします。