面接の時に腹の立つことを聞かれたら

転職の面接で一番大切なこと

転職の面接で一番大切なことは、即戦力で働けることを印象付けることです。挨拶や言葉遣い、服装など基本的なことはもちろん大切ですが、それよりももっと重要なのはあなたの適性です。面接でその会社で即戦力で働けることをアピールすることに成功したら、採用が見えてきます。転職の場合は、入社してからの研修や教育は行われないことがほとんどで、入社してからすぐに現場で働くことが求められます。現場ですぐ働けるかどうかを面接官は調べるわけです。まず人間性が大切になります。自己中心的だったり、ほかの人に安易に頼るような人は組織に入って働けません。またすぐかっとなる人も敬遠されるでしょう。まずは協調性があって、冷静さを失わないことをアピールするようにしましょう。

次に大切なことはこれまでの実績です。これまでの仕事での経験や実績を具体的に話すようにします。具体的に話すということが大切で、例えば営業の仕事をしてきた方だったら、自分の働きによってその会社の利益がどれぐらい上がったかを具体的な数字をあげて、述べるようにします。この時に大切なことは、仕事に関係のあることだけを話すことです。仕事に関係のないことは、例えば有力な資格を取ったと言ったことでも、慎むべきです。自分のことだけを話すと身勝手な人だと思われてしまいます。