面接の時に腹の立つことを聞かれたら

面接では言葉遣いなどもポイントになってくる

第一印象は見た目が大事とばかりに、就職面接に行く前は身だしなみを整えることになるでしょう。しかし、髪型や髪の色、スーツの着こなしや化粧のことばかり気にしていてもいけません。もちろん、身だしなみを整えることは基本中の基本です。ですが、言葉遣いや話し方、言葉の使い分け方などもないがしろにしてはいけません。身だしなみが完璧でも、言葉遣いが悪ければ面接は受からないと言ってもいいでしょう。言葉遣いは、面接に行くちょっと前に学んでも意味がありません。しっかり身につかないからです。早い段階から学んでおきましょう。

付け焼刃だと最初は丁寧に話せていても、話に熱が入ると言葉遣いは崩れやすいです。気づかないうちに友達言葉が出てしまうこともあります。そうなると、面接官に不快感を与えてしまうことになるので注意しましょう。きちんとした話し方、品の良い言葉遣いを身につけておくと、どんな上質な洋服を着るよりも印象が良くなると言うことを頭に入れておくことです。学生の内から意識しておくと、苦労することはほとんどありません。流石に小学生からとは言いませんが、最低でも高校生になったらきちんとした言葉遣いを知っておきましょう。